Governor

ガバナーズ・スローガン

多様性で奉仕

アクティビティ・スローガン

CHALLENGE

ご挨拶

ミラノの国際大会で正式に地区ガバナーとして信任されました。どうぞよろしくお願い申し上げます。
国際協会の方針を受けて333-D地区では下記のような方針で臨みたいと思います。微力ではありますが、精一杯頑張ります。

ガバナーズ・スローガン「多様性で奉仕」
年齢、性別、などを始めあらゆる「違い」をすべて受け入れて、一緒に仲良く奉仕活動をしましょう。

アクティビティ・スローガン「CHALLENGE」
時代の流れとともに、新しいことにも前向きに挑戦していきましょう。

1.会員増強 純増100名
奉仕活動の影響力を維持発展させるためには、会員増強が永遠のテーマとなります。
新規入会者180人、退会者80人以下、純増100人を目指します。
そのために「支部」新設や「スペシャルティークラブ」創設など多様な形態も活用します。
正会員が基本ですが、女性会員や若者会員、二世会員にもフォーカスを当ててください。
会員維持:奉仕活動を魅力的にし、新会員を連帯の輪に意識して入れることで退会防止を図ります。
Ask Anyone(アスク エニワン) 出会った人に誰にでも、「声かけ」活動を続けましょう。

2.LCIFへの協力
ライオンズクラブ国際財団への正しい理解を持てるよう情報提供します。
キャンペーン100への協力、一人平均100ドルの献金 + MJF100口目標。
LCIF交付金の種類を理解し、活用を図りましょう。クラブシェアリングも活用。

3.活動方針
・クラブレベルGATの活動開始(DC、ZCと連携しながら)
・リーダーシップ研修への多数参加
・クラブに会員拡大チーム作成
・奉仕活動の一般市民へのPR ・新奉仕フレームワークの取り入れ ・青少年育成強化
・海外クラブや他クラブとの交流推奨 ・合同アクティビティ推奨
・国際大会、OSEALへの積極参加
・バングラデシュ学校建設の完結

ライオンズクラブは多様な奉仕活動の場を提供してくれるだけでなく、多くの人との出会いの場も提供してくれます。そういうことも大切にしながら、一年間よろしくご協力のほどお願い申し上げます。

2019年7月1日
ライオンズクラブ国際協会333-D地区

地区ガバナー L.星野勝美

Top